専修大学育友会オフィシャルサイト

補助メニュー

コンテンツメニュー

専修大学育友会TOP 育友会について 育友会行事 学生支援 会報「育友」
 

育友会についてサブコンテンツ

育友会行事サブコンテンツ

学生支援サブコンテンツ

会報「育友」サブコンテンツ

パンくず

育友会TOP学生支援育友会奨学生制度

コンテンツメイン

育友会奨学生制度 学生支援
育友会奨学生制度とは、家計急変などにより修学困難となった学生を支援する目的で設置された育友会事業のひとつです。専修大学奨学生規程および同規程細則に基づいて以下の種類・要件に該当する学生を対象としています。

育友会奨学生は、ご子女より奨学生願書が提出されますと、大学の当該奨学生採用決定者名簿をもとに育友会の所定の手続きを経た後、採用されます。平成28年度は、育友会奨学生6名、家計急変奨学生11名、災害罹災奨学生6名の計23名の学生に支給されました。
受付窓口は学生生活課になります。
育友会奨学生制度について
種類 要件 奨学金
家計急変奨学生 一部在学生であって、家計支持者の死亡または失業、長期療養などの経済的理由により修学困難な学生。なお、家計支持者の長期療養の理由により奨学金を受けた後、その家計支持者が死亡した学生にも支給することができる。 採用時に奨学金10万円を一括支給する。
災害罹災奨学生 一部在学生であって、火災、風水害、地震などに被災し、経済的困窮度の高い学生。 10万円を上限額として、大学より支給される金額と同額またはそれ以内とし、採用時に一括支給する。
育友会奨学生 一部学部在学生で学費の工面について努力を行ったにもかかわらず学費の納入が困難であり、継続して在学を強く希望する学生。 分納による直近の学費1期分(分納による1期分の授業料その他の学費及びこれと同時に納入することとされている納入金をいう。)に相当する額を、奨学生の採用時に一括して支給する。